治療について

血管内高周波(レーザー)治療

注目の新しい下肢静脈瘤の治療方法

以前まで下肢静脈瘤の手術治療で主流であった「ストリッピング手術」は、悪くなった血管を引き抜く必要があるため、入院が必要で身体への負担も大きく、心理的なハードルも高いものでした。

血管内高周波治療

しかし、2011年に「血管内高周波(レーザー)治療」が保険適用となったため、身体に負担の少ない高周波またはレーザーによる「切らない下肢静脈瘤治療」を、健康保険の適応価格で安心してお受けいただけるようになりました。


「血管内高周波(レーザー)治療」では、下肢静脈瘤を発症している血管内にカテーテル(細い棒のようなもの)を挿入し、高周波またはレーザーで患部の逆流している静脈を塞ぐ手術方法です。血管内高周波(レーザー)治療のメリットは以下の通りです。

・皮膚を切開しないため、縫合の必要がない。
・血管の中を直接治療する“低侵襲治療”で、足へのダメージが少ない。
・血管の瘤(こぶ)、だるさ、むくみ、足がつるなどの症状を改善できる。
・治療時間は30分程度と短く済み、日帰りで治療ができる。
・傷口が小さく、手術後の副作用なども少ない。

なお、最近ではレーザーよりも高周波のほうがより術後の痛み・腫れが少ないといわれているため、当クリニックでは高周波による手術を特にお勧めしております。

血管内高周波治療のイメージ

硬化治療

体に負担の少ない下肢静脈瘤治療である硬化治療

下肢静脈瘤の人気な治療方法として、「硬化治療」があります。静脈瘤に薬剤(硬化剤)を注入することで血管をつぶし、退化させる方法です。

硬化療法

「硬化治療」を行うケースは以下の通りです。

・皮膚から透けて見える細い静脈
・「クモの巣上」および「網目状」の中程度の静脈瘤
・高周波およびレーザー治療が適用とならない静脈瘤

「硬化治療」で用いる注射は非常に細い針を使うため、痛みの心配はほとんどありません。また、注入する「洗浄性硬化剤(ポリドカノール)」自体も元々は局所麻酔として開発されたお薬なので、痛みが出ないという特徴があります。


「硬化治療」のメリットは、施術時間が注射のみで10分程度と短く、受診当日の日帰り治療が可能であるという点です。お忙しい方も安心して下肢静脈瘤の治療を行うことができます。

硬化療法のイメージ

弾性ストッキング

日常をサポートする下肢静脈瘤治療「弾性ストッキング」

「弾性ストッキング」は、医療用の下肢静脈瘤治療ストッキングであり、高周波およびレーザー治療が難しい場合や、下肢静脈瘤の血管にみられる症状が軽度である場合、ふくらはぎなど足のむくみを改善したい場合などに使用します。
また、弾性ストッキングは長さ・大きさ・圧迫の圧にバリエーションがあり、これらは患者様の個別のケースに合わせて処方する必要があります。

医療用の弾性ストッキング

スタブ・アバルジョン法

瘤(こぶ)を確実に改善する下肢静脈瘤治療「スタブ・アバルジョン法」

スタブ・アバルジョン法

「スタブ・アバルジョン法(Stab avulsion)」とは、下肢静脈瘤で瘤(こぶ)となる部分を確実に解消したい場合に行う治療方法です。

下肢静脈瘤の手術後半年以上が経過した場合にも残ってしまう可能性があるような、大きな瘤(こぶ)に対しては、この「スタブ・アバルジョン法」を併用することで着実にコブを取り除くことができます。

この治療方法では、1〜3ミリ程度の切開部分から瘤(こぶ)を直接切開して取り除くため、縫う必要がなく、体への負担も最小限で済むのがメリットです。また、術後1年以上が経過すれば、切除部分もほとんど傷跡が残らないという特徴があります。

ストリッピング手術(静脈抜去術)

下肢静脈瘤治療で、血管内治療が実施される以前に主流であった施術方法が「ストリッピング手術」です。「血管内高周波治療」などと比べると、以下のようなデメリットがあります。

・静脈瘤となった血管を抜き取る手術であるため、身体への負担が大きい。
・血管の周囲の組織にもダメージを与えてしまう。
・術後の痛みや腫れが強く、入院治療が必要。

そのため、当クリニックでは低侵襲で身体への負担も少ない「血管内高周波(レーザー)治療」を可能な限りご提案しています。

しかし、逆流している静脈瘤が特に大きい場合や、太もも付け根の付近に嚢状(のうじょう)の変化がある場合、血管が著しく蛇行してしまっている場合などは、「ストリッピング手術」を行わざるを得ない場合があります。

岡山下肢静脈瘤クリニックの治療で使用する麻酔について

静脈麻酔と局所麻酔の2種類の麻酔をご用意

当クリニックでは、下肢静脈瘤治療において痛みを感じない治療を実現するため、「血管内高周波治療」の場合、二つの麻酔を効果的に併用いたします。

・静脈麻酔
点滴から麻酔薬を身体に投与することで、眠った状態にする麻酔。

・局部および部分麻酔
手術中に痛みが生じないように、施術部位に対して行う麻酔。

これらの麻酔を併用することで、「あっという間に」「無痛」で治療を終えることができて、術後の痛みもありません。(※静脈麻酔に抵抗のある患者様には、部分麻酔のみでの治療も可能ですので、お申し付けください。)

治療の流れ

治療の流れのイメージ